エンジン不調

2011-10-07 09.48.3221年前のサンバートラックです。

当時の軽トラックでは比較的少ないインジェクション車ですが、どうもエンジンの調子がイマイチという事でした。

アクセルを踏んでいるとエンジンもスムーズなのですが、

アイドリングになると回転数が不安定で4気筒の内、1気筒爆発していないようです。

とりあえずスパークプラグを外してみると1番シリンダのスパークプラグが若干カブリ気味でした。

プラグを入れ替えてみても同じ症状。プラグも1番がやはりカブリ気味。。うーん。

考えていると、以前少し違うけど同じような症状のメルセデスベンツE320を修理した事がありました。

確かあの時は燃料のレギュレータが・・・何て思い出しながら探ると・・・ビンゴでした!

このサンバーは燃料の圧力を調整するレギュレータが不具合を起こしていました。

このレギュレータは1番シリンダの不圧を使って燃圧を調整していたのですが、本体の中でガソリンが不圧を取っている1番シリンダへ入っていたようです。

結果として1番シリンダへ通常より多くのガソリンが入りプラグのカブリが起きていたんですね。

原因がつかめたので新品のレギュレータと交換して作業終了しました。

ちなみに、部品価格だけで1万円近くもします。

びっくりです。。。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.

Design Downloaded From Free Wordpress Themes | Free Website Templates | News and Observers